東京・福岡で家族信託実績多数の法律事務所・弁護士

弁護士法人Martial Arts【第一東京弁護士会所属】代表弁護士 堀 撤兵

受益者連続型信託

受益者連続型信託

 「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」とは、現受益者の受益権が、現受益者の死亡により、あらかじめ指定された者に順次承継される旨を定めた信託です。

 受益権の承継には回数の制限はなく、順次受益者を指定できます。ただし、信託期間は信託法91条により「信託がされたときから30年を経過後に新たに受益権を取得した受益者が死亡するまで、または当該受益権が消滅するまで」とされており、信託の効力発生から30年経過後は、新たな受益権の承継は1度しか認められません。

 なお、信託設定時に受益者が現存している必要はないので、まだ産まれていない孫や姪甥を受益者とすることもできます。

  • 家族信託に関するご相談はこちら
  • 03-3505-5333 受付時間 9:30?18:30 土日相談可能(要予約)
  • メールで相談予約をする